2010年03月19日

静岡茶の歴史


そういえば、静岡茶の歴史って、どうなっているんだろう?

確かによく耳にする静岡茶の歴史って、聖一国師の茶植え(1240 年頃)から、突然、徳川家康公(1610年頃)になる・・・。
その間は、清水区の清見寺の闘茶についてはちらりと聞いたりしますが、いつもやんわりとごまかしている気配もあったりして〜。(あ、私だけ?)笑*笑*笑
でも、よく考えたら、その間って350年くらいあるんですよね!?


この空白の時間を、橋本先生が少しでもつなげてくれるのならば、それは静岡の茶に関わる人たちにとっては、大きな自信につながるのではないかしら?「継続してきた力」って、すごいと思います。

農業を体験して、「土地」に対する考え方が少しだけ変わりました。私たちのように、一代だけを意識して暮らすわけではなく、代々続いている。問屋さんやお茶に関わる業者さんも同じく、産地と共に生きてきた暮らし方。移住者の私たちには太刀打ち出来ない『長い時間』を持っています。

残念ながら今は静岡茶の歴史が薄れているかのように見えますが、本当はずっと継続中。過去も、今も、未来も。そういう流れを一つのラインで考えられないだろうか?と思ったりしました。
だからこそ、自分たちのやってきたこと(歴史)を再確認し、自信につながる「元気の源」を作ろうと、橋本先生に講演をお願いしたわけです。

昨日書いた記事と思いは同じで、自分の足元を確認する作業って、自分の生業に対して自信や責任感が生まれるように感じます。
私のように、たった10年の歴史であっても、思うことがあるんだから。笑

橋本先生の『庶民のお茶の中世史』は、きっと新しい静岡茶の歴史を発見できることでしょう♪

個人的にも興味しんしんだわ♪ ^m^)
静岡茶の歴史新情報!

静岡茶の歴史が薄れる中での新種やぶ北茶

これはどうなんでしょうか?


静岡茶にもがんばってほしいです。
posted by チャッパ at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。